高速バスを使っての里帰りや出張

皆さんは高速バスを利用することはあるでしょうか。高速バスは新幹線や飛行機と違って、時間はかかってしまいますが、安い値段で移動できる手段として重宝します。たとえば、関東地方から東北地方へ出張することになった。あるいは関西地方から関東地方へ里帰りすることとなった。など遠い距離の移動をする時、費用を抑えたいならば高速バスを選択するのも一つの手です。新幹線に比べて席を取りやすい、もちろんとりにくくなっている場所もありますが、新幹線や飛行機の席を取れなかったときのもう一つの選択肢となるのはありがたいですね。急な出張となった時に席を取れなかったらという場合に、選択肢が増えるのはありがたいです。また年末年始などの繁忙期に里帰りする人たちにも費用を抑えて実家に帰られるのは嬉しいです。最近では、高速バスにもただシートが並んでいるというつくりのものだけでなく、様々な趣向を凝らしたものもあるので、新幹線や飛行機とはまた違った魅力があるのも楽しいですね。


出張や里帰りはもちろんですが、旅行に使ってみることができそうな高速バスなど。乗ったときの楽しみが増えるのは嬉しいことです。ですが、距離によっては10時間以上かかったりする夜行バスなど、他人が居る場所で寝られない、あるいはシートで寝にくいなどといったことが理由で避けてしまうこともあるかと思います。深夜に運行している高速バスでは、もし寝ることができない環境なのであれば、およそ10時間などの長い時間を暗い場所でなにもせずに過ごすのは、やはりとても退屈なこととなってしまいます。例えば安眠グッズを使用したり、周りに迷惑にならない程度に音楽を聴いたりゲームをしてみたり、ある程度の暇つぶしや安眠するための努力はできます。また長い旅となるとき、トイレなどのお手洗いもどうなっているか重要ですね。バスがパーキングエリアで休憩を取るタイプなのか、それとも備え付けで乗客は降りられないタイプなのか。こういったことも事前に調べておきたいことです。もしパーキングエリアで降りられて休憩する時間があるのであれば、そこでお土産などを見ることもできるので一石二長です。せっかく遠出するのであれば、途中の名産品やお土産も見られる時間があるのであれば、それもプラスのこととして考えられるので気持ちも高まります。


最近では女性専用などもあるため、男性が苦手な方でも安心して乗られるといったタイプもあるため、高速バスはますます使い勝手がいいものになってきたのかもしれません。