元から安い高速バスをもっと安く使う方法

みなさんは高速バスを利用したことがあるでしょうか。長距離移動の場合は電車の特急や新幹線、また飛行機を使うからバスは利用しない、と言う人もいると思います。それらと比較すると高速バスが如何に安いか驚くことでしょう。おおよそ100キロの移動ですと、特急が乗車券と特急券で3000円以上なのに対し高速バスは1800円程度です。往復に換算すれば6000円と3600円ですからその差は歴然でしょう。電車とバスでこれだけ違うのですから、飛行機とバスの運賃の比較はするまでもありません。金額だけ考えるなら高速バスを選ばない手はないと言っていいでしょう。フルタイムで働く社会人のような人の場合時間がとても貴重ですからお金を使ってでも時間を節約したいと考えるのが普通でしょう。しかし社会人とは真逆、つまり時間は持て余しているがお金はあまりないような人、例えば大学生は積極的にバスを利用すべきです。


特に長期休みは本当に休んでも休んでもまだ休みが残っているというような長期連休ですからその期間の旅行は安いバスを使うのがいいでしょう。さて既に述べたように高速バスは非常に安いです。特に工夫など加えなくても十分安価なのですが、それでも更に節約する方法があります。それはどんなものでしょうか。まず前述のようにチケットは往復のものを買うということがあげられます。これだけで片道チケットを2枚購入するより10パーセント程度はコストダウンできます。もう1つの節約方法は乗車する曜日の工夫です。特急や新幹線などと異なり、高速バス、特に深夜バスなどは乗車する日によって金額が大きく異なります。具体的に言いますと、例えば観光シーズンとは全く関係のない月の月曜日に500キロの移動をするとおおよそ2000円強程度ですが、これがゴールデンウィーク前の金曜日になるとその価格は3倍近くになります。観光地のホテル・旅館がシーズンに宿泊料金を値上げするのと同じです。故にバスに乗車する日は月曜日、もしくはその次に安い火曜日にするのが最もオススメです。旅行もそれに合わせたプランニングにするのがよいでしょう。そしてこれが最も重要なことですが、バスに安く乗りたい場合そのバスは必ず4列シートにしましょう。


乗員数が最も多い反面運賃も安いからです。ただしシートの前後の間隔が狭い場合もありますので血の巡りを悪くしないような工夫が必要になります。以上のことを意識すれば旅行の交通費をぐっと抑えることが可能です。